検索
  • kagurazakatoastmas

第355回例会記録

更新日:2021年3月24日

2020年5月1日 金 オンライン例会

参加者数:16名(会員14名、ゲスト2名)


TMOE Yさん

オンラインにも関わらず滞りなく司会を進行していて、皆が安心して例会に参加できる雰囲気を作りだしていました。また計時係りを兼務、Wロールも問題なくこなしていました。


今夜の言葉 Sさん 「綾なす」

美しい様子を表す言葉。コロナで憂鬱になりがちな状況の中、この言葉で皆が元気づけられるようでした。


テーブルトピックス Hさん(トピックマスター)

GWにちなんだテーブルトピックで、時間軸にそってお題をだしていました。この時期にふさわしいテーブルトピックで盛り上がりました。


準備スピーチ

スピーチ1:Kさん 「老いとテロメア」

老いはなぜ起きるのか?というスピーチを「テロメア」という普段聞きなれない言葉を使ってスライドショーを使いながらわかりやすく説明していました。老いについて色々考えさせられる内容でした。


スピーチ2:Bさん 「想像力を鍛える方法」

Bさんの今までの経験をもとに具体例を3つ上げて説明していました。スピーチの構成がしっかりしていてとても分かりやすいスピーチでした。


スピーチ3:Kさん 「COVID-19はどうなるか?」

自身で研究されたコロナウィルスについてのセミナースピーチ。スライドショーでコロナウィルスについての様々なデータを示し、今後どのような対策を取るべきかを皆にわかりやすく説明されていました。


論評パート

論評:1 Iさん(Kさんの論評)

「テロメア」という言葉を分かりやすく説明してた事や、メッセージ・主張もはっきりしていたところを良かった点としてあげていました。


論評:2 Yさん(Bさんの論評)

スピーチの構成が分かりやすかったこと、事例の内容が具体的でかつ身近だったので聴衆がイメージしやすかった事などが良かったとの事でした。


論評:3 Mさん(Kさんの論評)

示されたデータが分かりやすかった事や主張が明瞭だった事が良かったが、今皆が頑張っている行動制限についても説明があったらなお良かったとの事でした。


例会全体

今回で5回目となるオンライン例会でした。ゲストの方が二人参加、しかもその内の一人は台湾からの参加でした。オンライン例会を始めた最初の頃は参加人数が少なかったのですが、今では通常例会並みの人数が集まるようになりました。Zoomの操作はまだ慣れてない方もいて、途中若干トラブルもあったものの操作方法は皆でフォローをしてその場を乗り切り、特に大きな問題はなく無事例会を終える事ができました。


オンライン例会はデメリットもいくつかありますが、家にいながらも皆と繋がり例会が開催出来る事は素晴らしい事だと感じました。これからのオンライン例会に更なる期待をしたい思います。


総合記録作成:S

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年5月15日 19:00-21:00 ハイブリッド例会(東京ボランティアセンター+ZOOM) 参加者数:13名(内:会員9名、ゲスト4名)(内:会場6名、オンライン7名) ■今夜の言葉:EIさん  「卓越」(トーストマスターの価値基準のひとつのワード) ■テーブルトピックス:  会場組とオンライン組で2つの分かれて開催 ■準備スピーチ YMさん Pathways L1『コーヒーと私』 コー

2022年4月22日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員12名、ゲスト4名)(内、会場 6名、オンライン10名) 本日は、新しい会員であるSさんを入会式に迎えました。Sさん、ご入会おめでとうございます! <開会> Szさんの挨拶から始まりました。本日、入会式のSaさんが言葉番長(参加者が正しい文法や適切な表現を使えるよう手助けをする役割)

2022年2月26日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員14名、ゲスト2名)(内、会場 6名、オンライン10名) 新人2人の初スピーチがあるなど、とっても華やかな雰囲気で、一足早く春の温かさを感じる例会となりました。スピーチ前に発声練習にみんなで取り組んだことで、参加者の体は温まり、スピーチに張りが出ました。 〈開会前〉 開始10分前から