検索
  • amanogen

第387回例会記録

2021年8月13日、参加者12名(会員11名、ゲスト1名)によるオンライン例会でした。


司会 Wさん

例会全体の司会は、ベテランの貫禄がありつつも腰の低いWさん。参加者を和ませるトークでスタートし、緊張がほぐれました。


テーブルトピックスの部

司会 Kさん、Nさん、Hさん

ブレークアウトルームを使って3部屋に分かれ、それぞれの司会者のもと行われました。

教育担当による、限られた時間で全員が話せる工夫でした。


準備スピーチの部

  1. Sさん「問題起こしても人気者の話し方」 誰もが知る著名人の例で、わかりやすいお話でした。

  2. Hさん「浮気の先にあったもの」 真面目な男性の魅惑のタイトル。プロジェクトの集大成の課題に、興味をそそるお話でした。

  3. Kさん「私の本当に叶えたい願い事(4年後の還暦に向けて)」 ご自身の今後について、本当にしたいことが見えてきたという、聴いている方にも希望が湧くお話でした。


論評の部

司会 Uさん


今回も今期神楽坂クラブオリジナルの複数論評スタイルでした。

準備スピーチに対する論評

  1. Stさん、Szさん → Sさんへ Stさん: いつもながら独特な目線ながら、ユーモアと配慮のある、受け入れやすい論評でした。 Szさん: 表現豊かなフィードバックで、3分間の論評がひとつのスピーチになっていました。

  2. Bさん、Kmさん → Hさんへ Bさん: 理路整然とした分析結果の中に、いつものHさんよりよかった点も織り交ぜ、奥行きがありました。 Kmさん: 神楽坂クラブ会員へのメッセージとなるようなスピーチに、素直な気持ちを楽しそうに論評されたのが印象的でした。

  3. Uさん、Nさん → Kさんへ Uさん: 今回のKさんの課題は、前回のフィードバックを反映させること。課題そのものはクリアしていたが、前回どうフィードバックを受けていたのかを論評者に伝えておくと親切、と補足がありました。

Nさん: スピーチタイトル、スピーチ中のKさんの様子、聞き手としての感想など、あらゆる視点からの総合的な論評でした。時間オーバーのみが残念、と聞き手の思いを代弁するような改善提案がありました。


表彰の部

  • ベストテーブルトピックス賞: Uさん、Sさん、Szさん、ゲストOさん

  • ベスト論評賞: Uさん、Szさん、Kmさん

  • ベストスピーカー賞: Hさん


連絡事項では、事務連絡の他、秋のワークショップ、合同例会x2、会員向けオンライン納涼会のリマインド、以前の見学者より入会希望があったことなど、各役員から嬉しいお知らせがたくさんありました。


例会後のオンライン二次会も、遅くまで盛り上がりました。金曜の夜、真面目な勉強の場にもかかわらず、今回も1週間の疲れが吹き飛ぶ数時間でした。

まさに、「楽しく挑戦 楽しく成長」の神楽坂クラブです。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年5月15日 19:00-21:00 ハイブリッド例会(東京ボランティアセンター+ZOOM) 参加者数:13名(内:会員9名、ゲスト4名)(内:会場6名、オンライン7名) ■今夜の言葉:EIさん  「卓越」(トーストマスターの価値基準のひとつのワード) ■テーブルトピックス:  会場組とオンライン組で2つの分かれて開催 ■準備スピーチ YMさん Pathways L1『コーヒーと私』 コー

2022年4月22日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員12名、ゲスト4名)(内、会場 6名、オンライン10名) 本日は、新しい会員であるSさんを入会式に迎えました。Sさん、ご入会おめでとうございます! <開会> Szさんの挨拶から始まりました。本日、入会式のSaさんが言葉番長(参加者が正しい文法や適切な表現を使えるよう手助けをする役割)

2022年2月26日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員14名、ゲスト2名)(内、会場 6名、オンライン10名) 新人2人の初スピーチがあるなど、とっても華やかな雰囲気で、一足早く春の温かさを感じる例会となりました。スピーチ前に発声練習にみんなで取り組んだことで、参加者の体は温まり、スピーチに張りが出ました。 〈開会前〉 開始10分前から