検索
  • amanogen

第408回例会記録

2022年5月15日 19:00-21:00

ハイブリッド例会(東京ボランティアセンター+ZOOM)

参加者数:13名(内:会員9名、ゲスト4名)(内:会場6名、オンライン7名)


■今夜の言葉:EIさん  「卓越」(トーストマスターの価値基準のひとつのワード)

 

■テーブルトピックス:  会場組とオンライン組で2つの分かれて開催

 

■準備スピーチ

  1. YMさん Pathways L1『コーヒーと私』 コーヒーが苦手だったが大学のコーヒー同好会に参加し、家時間でコーヒーの美味しさを知る。コーヒーの奥深さや魅力を感じるが表現が難しい。大学のブレンドコーヒープロジェクトで一つのものを作り上げた。最初は味や香りの共有と表現のむずかしさを感じたが、共通ゴールを明確にして魅力的なブレンドコーヒーを作ることができた。団結感や一体感を味わえた。

  2. SKさん Pathways L2『今しか出来ないことしてますか?』 過去に3度音楽についての後悔があった(中学、高校、タイ赴任)。48歳からピアノを習い、そしてドラムを嗜むようになった。ある時に会社の同僚と音を合わせたらとても楽しかった。それからバンドを結成するまでになり、今年6月に発表会がある。モットー『Now or never』今しか出来ないことしてますか?

  3. MMさん Pathways L1『個性のつくられ方』 ロールモデルは宮沢賢治の世界のゴーシュ。なぜ好きかというと「持ち込まれたトラブルは自分を磨いてくれる」精神が好き。自身のエピソード①メンヘラ友人の変化を通して、人間への信頼を学んだ。自身のエピソード②20代の華やかな世界を手放して家業で働くことで、苦しみからやり遂げて自信をつけた。これらは、自ら選び取った苦しみだが、人生の大切な糧となった

■論評

  1. SYさん(YMさんへの論評) 1回目のフィードバックの内容を事前に知りたかった (良かった点)  ①時系列でわかりやすかった  ②行動力がある  ③ジェスチャー、声の大きさ、数字など表現が良かった (より良くなる点)自分の色を出してほしかった

  2. KSさん(SKさんへの論評) (良かった点)  ①音楽への熱い想いが伝わる  ②構成が素晴らしい  ③メッセージが伝わる (より良くなる点)  ①なぜバンドなのかのこだわりを盛り込んでほしかった  ②時間管理

  3. MHさん(MMさんへの論評) (良かった点)  ①興味がわく内容  ②ストリー性がある (より良くなる点)  ①最初の問いかけに聴衆に考える時間がほしかった  ②どう苦しみを乗り越えてきたか知りたかった

■表彰:

  • ベストテーブルトピックス賞:EIさん(オンライン)、MHさん(会場)

  • ベスト論評者賞:KSさん

  • ベストスピーチ賞:MMさん

 

以上です。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年4月22日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員12名、ゲスト4名)(内、会場 6名、オンライン10名) 本日は、新しい会員であるSさんを入会式に迎えました。Sさん、ご入会おめでとうございます! <開会> Szさんの挨拶から始まりました。本日、入会式のSaさんが言葉番長(参加者が正しい文法や適切な表現を使えるよう手助けをする役割)

2022年2月26日 19:00-21:00 東京ボランティアセンターA会議室+Zoom開催 参加者16名(内、会員14名、ゲスト2名)(内、会場 6名、オンライン10名) 新人2人の初スピーチがあるなど、とっても華やかな雰囲気で、一足早く春の温かさを感じる例会となりました。スピーチ前に発声練習にみんなで取り組んだことで、参加者の体は温まり、スピーチに張りが出ました。 〈開会前〉 開始10分前から

2022年1月14日 ハイブリッド例会(東京セントラルユースホステル会議室+Zoom) 参加者数:46名(会場参加 25名、オンライン参加 21名) 神楽坂の第400回目の記念すべき例会は盛大に行われました。会場では、受付時にストラップの名札・プログラム・コメントシートが手渡され、テーブルにはペットボトルのドリンクとお菓子が用意されていました。多くのOB・OGのみなさまや他クラブからも記念例会に参