210709b_edited_edited.jpg
  • トーストマスターズクラブとは

スピーチやリーダーシップのトレーニングを行うことを主な目的とした、世界的な非営利教育団体(アメリカのNPO法人)です。
1924年にアメリカのカリフォルニアで生まれました。

現在、日本を含む122カ国、1万4350以上のクラブで、29万人以上の会員が、
世界共通のマニュアルを使って、コミュニケーション能力の向上をはかるために活動に参加しています。

詳しくは

(注: トーストマスターズクラブは宗教や政治団体とは全く関係ありません)

  • トーストマスターズから得られること

トーストマスターズで得られることは、話し方の上達だけではありません。

「入会して得られたことは何ですか?」
と会員の皆さんに聞くと、一例としてよくこのような答えが返ってきます。
他にも人によって、さまざまな学び・収穫があります。

人前で話す機会
毎回の例会で、必ず1回は人前で話す機会があります。

人の話を聴く能力の向上
ただ漠然と聞くだけではなく、注意深く聴いてフィードバックを行う場などもあります。また、異なるバックグラウンドを持つ会員の、人生経験に基づくスピーチを聴くことで、「お持ち帰り」もたくさんあります。

自分への自信、ポジティブシンキング
トーストマスターズの大きな特徴は、良い点を見つけあうことによってお互いを「認め合う」経験を持つことです。「こうしなさい、ああしなさい」ではなく、「あなたはこういう能力が優れているから、さらに向上するためにこうしてはどうだろうか」というスタンスです。それによって、自分への自信につながり、物事を前向きに考えやすくなっていきます。

人間関係の向上
話し方の向上はもちろん、上記のような自分への自信UPによって、人見知りが改善し、人と臆することなく会話できるようになります。

普段会えないような、異なるバックグラウンドの人との出会い
職場や家庭では会えないような様々な職業や年齢の人が参加していますので、世界が広がるだけでなく、そのような人と接することで対人関係の向上にもつながります。

ものごとを考える力の向上
即興スピーチを練習することで瞬発的に考える力を磨き、スピーチを自ら書いて組み立てる経験をすることで、論理的に考える力を養います。

タイムマネジメント(時間管理)スキル
トーストマスターズは時間をとても大切にします。例会は時間どおりに始まり、会の運営は時間どおりに行われ、すべてのスピーチも時間制限を設けています。時間内に簡潔に話す練習をしたり、時間どおりに会の進行を行う練習をすることで、日常の時間管理にも寄与します。

組織運営の機会
トーストマスターズは非営利団体ですので、会やイベントの運営もすべてボランティアで行われます。そのような機会にかかわることで、組織運営の基本が学べます。

楽しみ
トーストマスターズの創立理念の一つに、"We learn best in moments of enjoyment"(最も学びが大きいのは、楽しく学ぶ時)があります。例会でも「楽しさ」の要素をたくさん取り入れているほか、パーティーやコンテストなどの任意参加のイベントなどを通しても、楽しみながら学ぶことができます。

「本当?」「信じられない 」と思われた方も、「やってみたい」と思われた方も、
まずは一度ご見学されてみてはいかがでしょうか? 百聞は一見に如かず、です!

  • 神楽坂トーストマスターズクラブとは

神楽坂トーストマスターズクラブはトーストマスターズ日本支部(ディストリクト76)に所属するクラブです。
日本支部クラブ紹介ページ

 

神楽坂の主な特徴は5つあります。
①笑いが絶えない楽しくてアットホームな雰囲気。
②第2・4金曜日の午後7時から開催。
③会場はJR・地下鉄飯田橋駅から徒歩2分。
④人前で話すのが苦手な人でも、安心して学べる例会。
⑤年に数回の有志によるレクリエーションもあり。

 

こんな人にもぴったりです。
・金曜の夜は家族や職場から離れ、共通の目標を持った仲間と楽しい一時を過ごしたい方。
・自分自身を更に成長させたいと願っている方。

多くの人に愛される神楽坂トーストマスターズを目指して活動しています。